優雅なマンション暮らし

MENU

優雅なマンション暮らし

理想の家。想像してみるとあれもいいなこれもいいなとなる。たとえば私の場合はこんな家がいい。

 

景色のいい家に住みたいが、何年かしたら気分も変わるかもしれないから、マンションがいい。
ナチュラル系よりは高級ブランド店のようなスタイリッシュでオシャレな空間が好きだ。

 

夜景の綺麗なマンション。もしく少し遠くに海が見えるマンション。大きな窓だ。

 

夜はカーテンを引かずにリビングのゆったりとしたソファーに座り、美味しいコーヒーやワインを飲みながらその夜景を見る。
景色を遮る建物もない。20畳ほどのLDK。50インチ以上の大きなテレビが置いてあり、音響設備も整っている。

 

照明は自然光に近い光や、間接照明の柔らかい癒しの色にできるものとなっている。

 

夏は涼しく、冬はあたたかい。エアコンをつけなくても快適な温度が保てる部屋。
ベランダもしくはバルコニーがあり、日差しがやわらかく入るその場所で、家庭菜園をしている。

 

高い階に住んでいるが、洗濯物を干せるスペースもある。クイーンサイズのベッドが余裕で置ける寝室。

 

夫婦それぞれの書斎。隠れ家のような、壁面が本棚でいっぱいになっているようなそんな部屋。
子供がいたら子供がのびのびとできる天井の高い明るい部屋もあるといい。

 

お風呂は脚を伸ばしてもまだ余裕のある広い湯船。

 

ジャグジーがついていて、そこにも癒しカラーの照明が備わっている。
お風呂で音楽が聴けるようになっていて、お風呂でカラオケ(笑)や、癒しの音楽をかけてリラックス満点の空間。

 

シャワーからは水素水が出てくる機能がついており、お風呂に入るたびに美肌になる!

 

トイレも2畳ほどあり、高級ホテルのような清潔でゴージャスなトイレ空間。
トイレだからこそ癒されつつ、優雅な気持ちになれる空間になっている。

 

玄関は開け閉めのしやすいオートロックの扉。十数人くらいの靴が置けるであろうたたきはあえて何もおかずスッキリと。

 

大容量のシューズボックスがあり。その横はシンプルに花が飾ってある。
出かける時も返ってきた時も清々しい気分になれる明るい玄関がいい。

 

そんなマンション住まいが私の理想。