ぬくもりある!帰りたくなる家

MENU

ぬくもりある!帰りたくなる家

理想の家は平屋建てです。ヒノキやヒバ、杉などの木材を使い、内部の梁の部分も丈夫な木材を使っている家に住むことが理想です。木材の香りはコンクリートの家よりも断熱効果があり、とても温もりある部屋になります。キッチンには暖房器具と湯を沸かすことができるストーブ、リビングには暖炉があり薪が常にある部屋、あとは全てがハイテクになると、人の体は鈍くなると考えているので、ある程度は自分で動いて家事とか他のことがやる家がいいです。
キッチンも広々としていて、大勢の友達やお客さんたちがきても食事ができる広さ、調理場も昔ながらの炊き立てのご飯を堪能できる竈があるところと、普通の家庭のキッチンみたいにコンロがある、この二つがあるといろいろなバリエーションの料理が作ることができるので、料理教室の開放などもできたりと活用できるため。昔あった五右衛門風呂など火を扱い利用できる暮らしがいいです。

 

火を見ると落ち着いたりする間接照明の効果もあるため。天井高め部屋があり、蚊帳ができる畳部屋があるとよく、畳の部屋が大広間で雑魚寝できたりするといいです。玄関口も荷物を置く場所や座って靴が脱げたりできる二段式だったりがいいです。お風呂も普通の追い焚き機能のあるお風呂と、五右衛門風呂みたいに薪で焚くお風呂の二つあり、薪で焚いたお風呂はお湯がなめらかで、とてもいいのでその日々によって使え分けることができる家。

 

縁側が家を一周するくらい長いととても楽しいです。縁側も木材なため、触って気持ちよく寝たり座ったり、外にいても縁側で休憩ができたりするのでいいです。平屋の家から離れ部屋があり、離れはお客さん用の部屋だったりと、いろいろな場面で活用できる部屋もあると便利。家の周りは緑が多くあるのがよく畑があるといいです。

 

畑があれば色々な野菜を作ったりできるので半自給自足ができます、何かを育てながら暮らすことが幸せにつながると思います。物質面の豊かさも大事ですが精神面が豊かになれる家がいいので、自然がたくさんある家がいいです。